sub11

糸蒲コートハウス: 沖縄の風土に寄り添う、新時代の木造住宅の魅力」

沖縄支店発の新展示モデルハウス

株式会社スタジオ・チッタの沖縄支店は、糸蒲コートハウスという新たな常設展示モデルハウスをオープンしました。この木造住宅は、沖縄の気候風土に適した設計であり、鉄筋・鉄骨造の家と比較して優れたコストバランスを実現しています。自然の調湿効果を持ち、快適な居住空間を提供します。

沖縄での木造住宅の背景

沖縄では、自然災害への耐性からコンクリートブロック造の住宅が多く建てられてきましたが、近年の木造住宅は技術の進歩により、台風やシロアリの被害に強くなっています。2006年から2021年の間に木造住宅の着工数は大幅に増加し、全体の19.1%を占めるようになりました。日本政府のカーボンニュートラル宣言に沿い、木造住宅はCO2排出量の削減に貢献する一方、コスト面でも優位性があり、間取りやデザインの自由度が高いことから需要が高まっています。

シロアリ被害への対策

スタジオ・チッタでは、檜の土台を用いた床下全周換気システムや防蟻薬噴霧措置を施してシロアリ被害を未然に防ぎます。万が一の場合の保証も提供しており、最長10年間、最高1,000万円の保証を行います。

台風対策と耐久性

壁量計算により、暑さや暴風雨に強い構造を実現し、ガラスの破損や雨水の侵入を防ぎます。

快適性の追求

木材の持つ自然の調湿機能により、適度な湿度調節が可能です。これにより体感温度も快適に保たれ、暑さや湿気を自然にコントロールします。

糸蒲公園近くの住宅設計

中庭を中心に居室がレイアウトされ、プライバシーを保ちつつ非日常的な空間を実現しています。外観はSOLIDOの外壁と天然木の板張りを採用し、木とコンクリートの調和を図っています。

内装とデザイン

玄関はスケルトン階段と土間空間で開放感を演出し、キッチンはモルタル風のMPCで仕上げられ、チークのパーケットフロアを使用しています。吹抜け設計により自然光を豊富に取り込んだ開放的な空間を提供します。

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。
\ 友達に教えよう /