沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

沖縄移住がたった5ヶ月でできたわけ

ハローハイサイ!編集長のYumiです。いつもokinawapressをご覧いただきありがとうございます。

実は、前回の記事を読んだ方からDMをいただきました!とってもうれしかったです。皆さんありがとうございます。ぜひ気軽にDMしてくださいね☆

2020年娘2人と共に縁もゆかりもない沖縄に移住。(2020年8月にお引越し)
自身の実体験を元に「沖縄移住」について毎週金曜日に発信中!

移住の準備期間ってどれくらい?

移住したい!と思ってる人が1番知りたいことは「準備にかかる時間」と「費用」ではないでしょうか。移住の準備ってどれくらい時間とお金がかかるのか検討もつきません。

費用についても今後もちろんお話しますが、今回は「準備にかかる時間」についてお話します。

この記事のタイトルにもある通り、私の場合は準備から沖縄への引越し完了まで約5ヶ月で終わりました。

ここで言う「準備」とは、仕事探し部屋探し保育園の入園手続きなども含めた日数です。自分でもこんなにサクサク決まるなんて思ってもみなかったのですが、短時間で移住準備を終えることができた理由はこちら。

  1. 常日頃から沖縄移住について情報収集していた
  2. 移住を決めたらすぐ行動した
  3. 仕事がすぐ決まった
  4. 沖縄に友人がいた(協力してくれた)

私の場合は、子供がいるので保育園や学童探しの分時間がかかりましたが、仕事探しは1社で決まりました。ですので、単身で移住をする場合5ヶ月以内全ての準備が整う可能性が非常に高いです。

5ヶ月と聞くと、「あれ?そんなもん?だったら私でもいけるんじゃない?」と思いませんか?そうなんです。その気になれば半年かからずに、仕事だって家だって見つかります!

まずは仕事探しから

実際に私が準備を始めた順番がこちら。

  1. SNSで情報収集
  2. 仕事を探す
  3. 学童を探す
  4. 家を探す
  5. 保育園を探す
  6. SNSでお友達探し・情報収集

これを見ると「え?なんか順番おかしくない?」と違和感がありますよね。そうなんです。おかしいんです!

仕事を見つけたら次は家を探しそうですが、私は先に学童を探しました。それはなぜか?それはですね…。沖縄独特の理由があるのですが、それは学童編をお楽しみに!

沖縄移住を失敗しないための第一歩

すぐ移住したい人も、将来的に移住したい人も、今からできる移住準備は情報収集です。SNSを使えば移住の先輩の声が聞けますし、お友達にもなれる!まさに、一石二鳥。

私はInstagramしかやっていないので、Instagramをフル活用してました。そして今もフル活用しています。

恥ずかしがらず声をかけてみる

具体的にどのようにして情報収集をしていたかというと、#沖縄移住#沖縄移住生活のハッシュタグを使って検索。出てきた人の中から、気になる人に質問をしてました。あの時、お話していただいた方々ありがとうございました!

  • どこに住んでいるか、その理由
  • 移住して何年か
  • 仕事は何をしているか
  • 沖縄の物価はどうか
  • 移住者に対しての視線
  • 沖縄の不便な点 などなど

住んでみないとわからないこと、不便なことは絶対聞くべき。私はネガティブな情報収集を念入りに行ってました。それは「理想と現実のギャップ」をなるべくなくすため。

事前に悪い点も聞くことで、自分自身心構えができますし、もしかしたら移住をやめる選択肢も出てくるかもしれません。沖縄の良いところも良くないところも含めて移住するかどうかを考えたいですね

次回のテーマ

次回は「仕事探し編 沖縄IT移住フェスに参加してみた!」をお伝えします。来週の金曜日をお楽しみに。

2 COMMENTS

林順一

沖縄は大好きな場所です。友人も居ますし娘も,あるホテルで働いています
本島でも素晴らしい場所ありますね
そして1番は良くも悪しくも異文化を感じるところです
僕は移住ではなく名古屋(在住地)の他に沖縄の那覇に住まいを確定したいと思ってます

返信する
Yumi

コメントありがとうございます!
たしかに、沖縄にいると異文化を感じることが多いですよね。そこもまた面白い点だと思います☆

返信する

コメントを残す

CAPTCHA