沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

沖縄にDMMかりゆし水族館がオープン!

今回ご紹介するのは、那覇の隣の豊見城市に2020年5月にオープンしたDMMかりゆし水族館

那覇空港から車で約20分。目の前はビーチ、隣はショッピングモールという好立地。新しいカタチのエンタテイメント水族館という噂を聞き、ワクワクしながら行ってきました!

沖縄の新しい水族館

水族館のロゴは、青とオレンジのサンゴ礁で色合いがなんとも素敵。水族館は2階構造で、入り口は2階

券売機でチケットを購入するとQRコード付きのチケットが出てきます。QRコードを水族館のゲートにかざして入館。(沖縄モノレールの改札と同じ感じです)

 


スタッフは誘導のみという、なんとも最新な感じがしました!

公式サイトでは、webチケットも販売されており、会員登録なしで購入できます。わざわざ発券機に並ばず、スマホで入館できるのでチケットをなくす心配もないですね。

2階は亜熱帯気候が織りなす常緑の森

まず最初に沖縄をテーマに「水」と「生命」の物語を表現した映像を見ます。多方面にスクリーンがあるので、臨場感がすばらしい。魚と一緒に海の中を泳いでいるような感覚になったり、鳥と空を飛んでいるような感じにさせてくれたり、風も吹くのでびっくりします。

写真・動画撮影がNGだったので、言葉でしかお伝え出来ませんが、非日常空間を体験出来ます。始めからこんなにワクワク、ドキドキだと、そのあとの期待が高まりますよね。

次に出迎えてくれるのは、「ん?あれ?森?ガジュマル?」水族館のイメージは海、魚、のイメージだったので、意外な展開で驚きました。

そこにいたのは、淡水魚や爬虫類、両生類。見たことのない赤い蛇、大きいトカゲなどもいました。

展示パネルが見当たらない?

水族館に行くとよく見る展示パネル。お魚の紹介が書かれていますよね。しかし、DMM水族館にはどこにもパネルがないのです。どうやって魚の名前や情報を知るの?と不思議に思う方もいるかもしれませんが、こんな時はこちら!

  公式アプリ!入館してすぐのところにある、アプリの説明パネルでスマホにダウンロードします。アプリを開いて館内のタッチポイントにスマホをかざすと、その周辺の‘いきもの’の解説が出てくるという仕組み。


アプリには、フロアマップや、館内のカフェやショップで利用できるクーポンもあるのでダウンロード必須ですよ!

沖縄の海と空模様が再現された空間

ここの空間が本当に感動します!ものすごく綺麗です!何がすごいって、沖縄の海を縦にスパーンと切ったような光景を見ることができます。

 CGでスコールや雷なども再現。それに伴い海が荒れたり波がたったり。遠くに船が見えるような演出もあり、タイミングがよければイルカも見られるかもしれません。時間で空模様が変わるので、何時間いても飽きません。波の音にも癒されます。

海を上から覗けるパネル!

靴を脱いで体感するゾーン。床一面が透明なガラス張りでその上を歩けます。まさに水面を歩いているよう。


大きなサメやエイ、グルクマの群れを上から眺めることができます。深さが6mあるので、見下ろすのは結構怖さもありますが、普段体感することが出来ない空間ですし、せっかくなのでぜひ乗ってみてください。

ひんやりして足裏も気持ちが良いです。上から見下ろすこのスペースは2階にあります。

1階におりると今度は大きな水槽があり、間近で魚たちを見ることができます。

私はタイミングよく、エイと一緒に写真撮影することができました。みなさんも写真撮影、ぜひ挑戦してみてください。良いタイミングで連写するのがおすすめですよ。

1階は多彩な生物が息づく澄み切った海

円柱水槽のクラゲの世界

時間と共に空間の色が変わってとても幻想的!ふわふわ漂うクラゲってとても癒されますよね。しばらく色とクラゲを楽しむのがおすすめです。

大型巨大バーチャル水槽


5枚のクリアパネルに映し出される映像は、巨大な海洋生物。ジンベエザメや、巨大ダイオウイカなど、こんな生物が海の中にいるのかと驚く大きさです。まるで本物のように見えます

水のいきものをタッチできるスペースも

お子様連れの方にオススメなのがこちら。ヒトデやなまこはもちろんのこと、エイやサメにも触れることができます。見るだけでなく、触って生き物の肌を感じることも楽しいですね。

そして、このスペースの隣にはカワウソがいるんです!この日は睡眠中でしたが、それでも寝ている姿もとても可愛いです。

海の中にいるような海中トンネル

カラフルなサンゴ礁と熱帯魚の水槽。頭上まで水に覆われているので海の中から海面を見ているような気分になれます。大きなウツボもいたので、ぜひ探してみてください。

館内の細部までオシャレ

標識が可愛くて思わず写真を撮っちゃいました。

トイレマークがシュノーケルの人のマーク。なんて可愛いのでしょう。センスの良さを感じます。

オリジナルのお土産が可愛い

お土産コーナーは魚とシーサーをコラボした商品がたくさんあり見ていて癒されます。カメやジンベエザメの上にシーサーがチョコンと乗っかっています。

 他にもペンギンがかりゆしウェア(沖縄のアロハシャツみたいな)を着ていたり、シーサーの被り物をしていたりと、とても愛くるしいぬいぐるみばかりです。キーホルダーやTシャツももちろんあります。

 ここにしかない物ですし、自分へのお土産、あるいは家族や友人へのお土産に喜ばれること間違いなしですね。

さいごに

最新のDMMかりゆし水族館、いかがでしたでしょうか。

21時まで営業しているので、仕事帰りや学校終わりに行けちゃいます。(最終入館は営業時間終了の1時間前

家族、カップル、友達同士で絶対楽しめること間違いなし。ぜひDMMかりゆし水族館に足を運んでみてください。 

施設名 DMMかりゆし水族館
住所 901-0225 沖縄県豊見城市豊崎3-35
営業時間 10:00~21:00(年中無休)※最終入館20:00
公式サイト https://kariyushi-aquarium.com/
Instagram @dmm_aquarium
地図

コメントを残す

CAPTCHA