沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

那覇のおすすめカフェ 珈琲屋台ひばり屋

那覇市にある観光地といえば、毎年多くの旅行客が足を運ぶ国際通り。

その国際通りのすぐ近くにとっても癒されるアウトドアカフェがあるという情報を耳にしたので、早速財布とスマホを持って行ってきました。

国際通り近くにある隠れ家的カフェ

お店の名前は珈琲屋台「ひばり屋」2004年にオープンして以来、街の人々や観光客など多くのお客様に愛され続けているお店なんだそう。

ひばり屋はちょっと変わった営業スタイルをとっており、なんとお店の建物が存在しないんです。

どういうことかと言いますと、私たちのよく知るカフェは建物を借りたり持ち家を利用したりしてお店を営業していますが、ひばり屋は建物のない広い空き地に仕切りを立て、椅子やテーブルを点在させることによって運営しているリアルアウトドアカフェなんです。

ハンモックを天井からぶら下げたアウトドアカフェなどは最近有名ですが、本当に室内というものが存在しないアウトドアカフェはすごくユニークな考えですよね。

お店は国際通りから少し外れた路地裏にあります。周りは民家に囲まれているので、「ここに本当にカフェがあるの?」と疑ってしまいそうになりますが、気にせず真っ直ぐ進んでいきます

路地の入りには黄色、赤、紫の綺麗な花が咲いているので、これを目印に進んでいってみるといいでしょう。

少し歩くと左手にCOFFEEと書かれた看板が見えてきます。こちらがカフェの入口です。

自然の癒しを感じられる店内

入口を入ると、鮮やかな緑色をした大きな木と「いらっしゃいませ〜」というオーナーさんの明るい声が私を迎え入れてくれました。

敷地内は簡易的なテーブルとベンチがいくつか置かれているだけのシンプルなものですが、テーブルとベンチは全て木製で、緑色の木との相性は抜群。そこにいるだけで絵本の中の森にいるような気分を味わえます。

ひばり屋のメニュー

ひばり屋には現在17種類のドリンクがあります。

  • 深煎りアイス珈琲
  • 自家焙煎店からのお取り寄せ珈琲
  • 杏仁やフルーツシロップが入ったカフェオレ
  • キウイシロップと塩でさっぱり仕上げたサイダー
  • 県産の生姜を使用したジンジャエール など

コーヒーはもちろんのこと、炭酸ドリンクやジュースまで揃っているので、お子様連れや珈琲が苦手な方にも嬉しいですね。

表のメニューには出ていませんでしたが、”本日のスイーツ”もありました!詳しくは注文時にオーナーさんに聞いてみてください。

初恋オレで学生時代にタイムループ!とろけるパンナコッタも!

今回私が注文したのは、初恋オレパンナコッタ

これまで行ったカフェでは聞いたことのないドリンクの名付け方に、ものすごいインパクトを受けてドリンクは初恋オレに即決。初恋オレはベリーと杏仁を混ぜたカフェオレで思わず初恋を思い出してしまう味なんだとか…

どんな味なんだろう?とワクワクしながら待っていると、10分ほどで初恋オレが運ばれてきました。カフェオレの部分とシロップの部分が二層に分かれていて、とってもおしゃれ。

飲んでみると、ベリーの甘酸っぱさとカフェオレのほろ苦さが初恋の時の感情と完全に合致して、まるで学生時代にタイムループしたような気持ちに!味のバランスが良いのはもちろん、すごく再現性が高くて何度でも飲みたいと思えるような味でした。

オーナーさんに教えてもらったパンナコッタもトロトロな食感と甘すぎない優しい甘さが口の中で広がって、すごく美味しかったです。

ただ、どちらも乳製品だと結構お腹に溜まってしまったので、カフェラテを頼むのであればパンナコッタは2人で1つくらいがオススメです!

ゆるやかに流れる時間

お店は那覇の中心部に位置していますが、そんなことを感じさせない時間がひばり屋にはあります。

鳥のさえずりと葉っぱが揺れ動く自然の声を背景にした珈琲タイムはとても贅沢で、まるでこの空間だけ時間が緩やかに進んでいるような感覚!

曇りが多い沖縄ですが、運良く晴れた日には頭上に綺麗な青い空が広がります。

おすすめの季節は春や秋

私がひばり屋に足を運んだのは6月下旬。沖縄でいえば6月はもう真夏です。いわゆる空き地カフェということはもちろんエアコンがないので、正直なところ結構暑かったです。

風で葉っぱが揺れ動く度に自然の風が感じられるので、我慢できないほどの暑さではないのですが、湿気の多い日は汗がジワジワしみ出てくるのを感じます。

夏は蚊も多いので、蚊に刺されやすい方は少々気になってしまうかもしれません。席につくと、オーナーさんがお客様を気遣って蚊取り線香を持ってきてはくれますが、それでも蚊が寄ってきてしまっていたのは否めません。

また逆に冬は寒くて長居をするのは難しいように思えます。沖縄は暖かいと言われていても、気候上、風が非常に強いので寒い日には体感温度10度を切ることなんてまれにあります。

それらのことを踏まえると春や秋が一番過ごしやすく都会の中に隠れた自然を最大限に楽しめる時期なのではないでしょうか。

とは言っても、夏の暑さの中でゴクゴク飲むコーヒーも絶品です!

まとめ

今回は那覇市にある珈琲屋台「ひばり屋」のリアルに迫りました。

  • 国際通りから約1分の民家内に位置しており、観光地からのアクセスは抜群
  • リアルアウトドアカフェ、簡易的な椅子とテーブルを点在させた珈琲屋台
  • 17種類のドリンクメニュー
  • オススメは初恋オレ

美味しい初恋ラテはもちろんのこと、那覇中心部ではなかなか感じることのできない自然をここ「ひばり屋」で楽しんでみてはいかがでしょうか。とても静かで緩やかに流れる時間が日常の疲れを癒してくれます。

店舗名 珈琲屋台 ひばり屋
住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目9−26
地図

コメントを残す

CAPTCHA