沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

日本最南端の有人島「波照間島」のオススメスポット

こんにちは、AYANA(@ayananotabi)です。
数々の魅力ある離島を有する沖縄県ですが、その中でも私の1番お気に入りは「波照間島
特に絶景のビーチ「ニシ浜」は、人生で見たビーチの中でもトップと言っても過言ではありません。今回はそんな波照間島の押さえておけば間違いないスポットを紹介します。

日本最南端の有人島、波照間島

波照間島へのアクセスは、石垣のフェリーターミナルがスタート地点。こちらから、1日3便の高速船が出ています。片道約1時間の旅ですが、こちらの船がまあ揺れること…。

船酔いが心配な方は事前に薬を飲んでおくことをおすすめするのと同時に、普段があまり酔うことがない方も念のため用意しておいた方が良いと思います。

余裕を持った計画を立てよう

通常運航でもかなりの揺れを感じることもあり、石垣~波照間間の運航はちょっとした風でも運休になることがしばしば

どうしても波照間島に行きたいという方は、旅行のスケジュールを組む際、運休になる可能性を考慮して1日余裕を持っておくといいかもしれません。

日帰りの場合は第1便で往路、最終便で復路がおすすめ、絶景の星空を見るために宿を手配して島で1泊するのもおすすめです。

「日本最南端の…」だらけ?!

日本最南端の有人島、つまり、あるものすべてが日本最南端になってしまうわけです。たとえばこちら。日本最南端の郵便局です。記念に手紙を出すと良い思い出になっておすすめですよ!

こちらは日本最南端の交番。建物の上部に、大きな日本地図が描かれています。
よく見ると1箇所だけ赤く塗りつぶされており波照間島の位置を示しています。
マンホールも波照間島のオリジナル仕様。波照間島は南十字星が見えるスポットとしても有名で、日程に余裕のある方はぜひ波照間島で1泊して絶景の星空を楽しんでください!(私が宿泊した日は残念ながら曇り空でした…)

“波照間ブルー”と名が付く絶景の「ニシ浜」

私が最もおすすめするスポット、絶景ビーチ「ニシ浜」がこちら。この写真、一切加工など施しておりません。肉眼で見た絶景、そのままです。

初めてこの景色を目の当たりにしたときの衝撃はいまだに忘れられません…!海外の有名ビーチ等と比較しても、ニシ浜の美しさはトップクラスと言っても過言ではない気がします。

そして美しさに次いで、この写真からも分かるように人が少ないのもおすすめポイントの1つ。今まで夏の繁忙期、冬の閑散期と両方訪れたことがありますが、夏でも人混みというほどの人数はいませんでした。

1日3便しか高速船が出ておらず、訪れることができる人数が自然と限られてしまうのも理由の1つかもしれません。絶景の海を眺めながらゆったりとした時間を過ごせるなんて、まさに至福のひと時…!

さらに運が良ければ、ウミガメを見ることもできます。しかも機材を使ったダイビング等ではなく、シュノーケリングで見ることができます。もっと言えば、足が付くような場所でも見られるんです。(私のような泳ぎが苦手な方にもおすすめ)

こちらはGoproを使って撮影しました。決してウミガメに触れないよう、危害を与えないように注意しましょう。

海外にも負けない絶景ビーチ「ニシ浜」にぜひ

いかがでしたか。まだまだ本記事内に納めきれなかった波照間島の魅力はたくさんあります。ぜひ皆さん自身の目で、波照間島の魅力をもっともっと開拓してみてくださいね!

コメントを残す

CAPTCHA