沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

小浜島で楽しむ はいむるぶしステイ

 こんにちは、AYANA(@ayananotabi)です。

この記事をご覧の皆さんは、すでに沖縄に興味がある方がほとんどではないでしょうか。皆さんもご存知の通り、沖縄には魅力的な島々がたくさんありますよね。

今回はその中から小浜島にある、「はいむるぶし」というリゾートホテルを中心におすすめスポットをご紹介します。はいむるぶしは非常に広大な敷地となっているため、このホテルに宿泊すれば小浜島を存分に満喫できると思いますよ!

小浜島とは

  • 石垣島のフェリーターミナルから、高速船で片道25~30分
  • NHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台
  • 長く続くサトウキビ畑「シュガーロード」も人気観光スポット
  • 1時間に1便ペースで運行しているので、朝早く出発すれば日帰りで訪れることも可能

しかし、存分に島を楽しむにはやはり宿泊するのがおすすめです。

はいむるぶしまでのアクセス

宿泊者を対象に、無料送迎バスが迎えにきてくれます。フェリーターミナルから5分程度で到着するので、荷物が多くても安心ですよ。すべての定期便の到着時刻に合わせて迎えに来てくれるため、事前予約も不要です。

街中にはこのような看板もあります。右側が少し見切れてしまっていますが…これは「小浜港」ですね。この道をまっすぐ行くと、有名なシュガーロードへと続いています

THE沖縄とでも呼ぶべき風景がこちら。どこを切り取っても画になるのはさすが沖縄…!島内を周るためには、自転車での移動がおすすめです。それほどアップダウンが激しい場所があるわけでもないのですが、私は電動自転車を選びました。体力に自信のない方は、電動自転車を選択しましょう。

はいむるぶしに到着後、事前予約不要でレンタサイクルを利用することも可能です。一度ホテルに荷物を預けてから、お天気が良ければサイクリングに出るのもおすすめです。

ホテルに近づくと、このような大きな看板が出迎えてくれます。広大な敷地のため、この看板からホテルの入り口までもなかなかの距離。送迎バスでの到着時は全く問題ないのですが、島内をサイクリング後に帰ってきた際は思わず「ひ、広すぎる…!」と心の声が漏れてしまいました。さあ、いよいよはいむるぶしに到着です!

テーマパークのような敷地内

はいむるぶしは、「でいご」「てぃだ」などといった沖縄らしい名前のついた、複数のゲストルーム棟で構成されています。客室のグレードによって棟や価格に変動がありますが、どのクラスに泊まっても大満足できると思います。

今回私が宿泊した部屋がこちら。

実は到着日、信じられないほどの豪雨が降っており、とてもサイクリングに出かけられるようなお天気ではなかったため、到着日はこの広々としたお部屋でゆったりくつろいでおりました。

普段は旅行に行くとどうしても外に出たくなってしまう私でも、はいむるぶしではホテルステイを満喫したいと心の底から思うほど大満足でした。

ちなみにはいむるぶしの敷地は、なんと約40万㎡にもおよぶのだとか!あまりに広すぎるので、敷地内の移動もレンタルカートや自転車が必須です。到着日の翌日は前日の天気と打って変わっての晴天だったため、早速敷地内を巡りました。

どこからか「メェ~~~」と声が聞こえると思ったら、子ヤギちゃんです。ちなみに他に牛や亀もいて、まるでプチ動物園。この動物たちはみんな「動物ふれあい広場」という場所に集まっているので、ぜひ立ち寄ってみてください。

動物たちと別れた後、引き続きレンタルカートを走らせると、おしゃれなビーチテラスを見つけました。こちらでウェディングを行う方もいらっしゃるようです。一生の思い出になりそうですね!

おもわず写真を取りたくなるスポットがたくさん

このようなフォトスポットも設けられています。

絶景の海を眺めながら過ごせる「海cafe」も。なんと夜は「星空cafe」になるのだとか…!小浜島は、絶景の星空を観測できる場所としても有名です。私が訪れたタイミングは残念ながら曇っていて星空を見ることは出来なかったのですが、皆さんにはぜひご覧になっていただきたい小浜島観光のおすすめの1つです。

絶景の映えスポットがこちら。小浜ブルーを眺めながら、最高の写真を撮影することができます。

そして素晴らしいなと感じたのが、はいむるぶし内の全てのフォトスポットに「おすすめのカメラ位置」が提示されていること。ここから撮影すればばっちり写真が撮れますよという場所が、きちんと示されているのです。

カメラや携帯を置くことができる台も設置されているので、近くに撮影してくれる人がいなくてもばっちり映え写真は撮影可能です。

小浜島でのリゾートステイは、はいむるぶしで決まり

小浜島でのはいむるぶしステイ、いかがでしたでしょうか。今回は本当にごく一部の写真しかご紹介できませんでしたが、はいむるぶしに滞在するだけでも小浜島の魅力を存分に味わうことができます。

ぜひ小浜島を訪れる際は、はいむるぶしを訪れてみてくださいね!

施設情報

施設名 はいむるぶし
住所 〒907-1221 沖縄県八重山郡竹富町字小浜2930
公式サイト https://www.haimurubushi.co.jp/index.html
地図

 

コメントを残す

CAPTCHA