沖縄プレスは、沖縄最大のトレンドメディアです。オープン情報やプレスリリース、イベントなどいち早くお届けします。

沖縄本島北部のおすすめ絶景ビーチ3選

BEACH51

本島中部・真栄田岬近くの穴場スポットで、ザネー浜とも呼ばれています。
最近はInstagramなどでも見たことがある方も多いのではないでしょうか。

真栄田岬から近いこの場所はダイビングスポットでも有名な場所ですよね。ブルーが綺麗で透明度が高く、この場所は海の中も景色も絶景!

この場所までは数十秒だけ生い茂った道を進みます。道無き道とまでは言いませんが虫、は虫類が苦手な私はちょっとためらってしまいます…。

沖縄なのでハブなどにはご注意ください。数十秒なので女の子でも大丈夫ですが塗装された道ではありません!

しかし、一瞬我慢して進むと、ものすんごい絶景が待ってます!

晴れていると、より一層絶景を楽しめます。
そして言わずと知れたダイビングスポット。

よくガイドブックにも掲載されてる青の洞窟です。

夏場のハイシーズンは小さい船にたくさんの人が乗ってるのをよく見かけます。ダイビングの他にシュノーケルも人気ですので、シュノーケルでのんびりするのもおすすめ。

ぷかぷか浮いてるだけで癒されること間違いなしです。私が行った時もシュノーケルをしている方がとっても多かったですよ。ということで個人的には次はシュノーケルしたい場所です。

崖越しの海

色はもちろんエメラルドグリーンのようなブルー!かなりの絶景
(この周りは岩場が多いのでゴロゴロと大きな岩があります)

手前に浮いてる方たちはシュノーケルを満喫中。崖から見てて羨ましいなぁと思ってました。

スポット情報

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村字真栄田岬712-2
(※駐車場はないと思われます。路上駐車などはしないようにご注意ください。)

瀬底島 アンチ浜ビーチ

本島北部の本部町にある瀬底島も近年人気のビーチ。公共ビーチで駐車場もありますが夏場は争奪戦となりそう。

名護と今帰仁の間にある小さな島で、近くには美ら海水族館もあります。

いろんな角度から楽しめる島なので何時間でも滞在できますが、コンビニなど近くにありませんので、忘れ物などないようご注意を。

瀬底大橋

大きな橋を渡ってまずは上から楽しみましょう。この橋は船が通れるように、こんなに高くなっているそうです。高いところから海を見下ろすことができる場所なのでとてもオススメ。

景観度が高く、テンションが上がってしまいますが、カメラなど落とさないように気をつけてくださいね。

ドローンから見てるような風景が見れる場所はなかなかないため、初めて行った時は私もとても驚きました。

高さがあるので人もこんなに小さく見えちゃいます。浜辺で釣りしてるのが楽しそう。

しかし船が通ると波が荒くなったり、迫力満点。写真を撮ってもよし!ムービーを撮ってもよし!橋を通るだけではもったいない場所です。

地元の方々がここでよく釣りをしているのが、とってもうらやましいです。車を横付けしての釣りは地元住民ならでは。

島全体と海、橋と海、どこを切り取っても絵になります。ここもハイシーズンはシュノーケルを楽しめるそうです。

下へ降りてみると、島猫が出迎えてくれました。何匹かいたので見かけたら見守ってあげてくださいね。近くで見ても裏切らない綺麗な海。海好きなら楽しめるビーチです!

スポット情報

〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町字瀬底
第1、第2駐車場有(台数制限あり)
少し歩きますが第1に止めるのがおすすめ。第2は橋の下。道がとても狭いです。

 

瀬底ビーチ

橋を渡って行ける離島”でもただの離島ではありません。沖縄の北部の海なので、海の美しさは別格です。島の奥へ進むと瀬底ビーチに着きます。

純白?と思うほどパウダースノーの白い砂浜。沖縄本島では1番美しいと言われ続けているビーチです。

なぜこんなに白いのかというとサンゴや貝が白くなり粉々になってできたのだそう。青い海が重なるとさらに綺麗に見えます。

奥に見えるのは伊江島。伊江島タッチューバックに青い海と写真撮るのは最高です。

綺麗な海は、360度で撮るのもオススメ。こんなにおもしろい写真が撮れますよ。

アンチ浜とはまた別のブルーで時間を忘れて見とれてしまいますね。夏場は海水浴としても楽しめるビーチ。監視員がいるので家族連れにも大人気。

もちろんシュノーケルなどもできますが所々サンゴや岩場がありますので海に入る際は注意してくださいね。

スポット情報

〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町字瀬底5583-1
有料駐車場、台数制限有。

コメントを残す

CAPTCHA